カメラのファインダーから見える世界をあなたにも伝えたい

今日はお天気がとてもよかったので、近くの公園に写真を撮りに行ってきました。
桜の季節はあっという間に過ぎ街中に多く見られるのは鮮やかな緑のお化粧をした草木と、それに映えるツツジですね!
今日はお散歩がてらだったのでそんな植物たちを撮影してきました。

ちなみに私が使っているカメラはCANON 60Dで、基本的に植物は単焦点レンズで撮っています。
単焦点で撮ると、うまい具合にぼかしがうまくいくんです♪
また、何が撮りたいのかはっきりわかるような構図になるので初心者の方でも撮りたいものがはっきりしているときにはお勧めのレンズです。

久しぶりの撮影でしたが、日差しが照り付ける快晴だったのでISOも低めに、しかしシャッター速度は速くできる環境で画質がとても良いきれいな写真が沢山撮れました!
太陽の光が花弁を通して葉脈がはっきり見えている写真も素敵な一枚になりました。

私はあえて逆光になるように撮影してシルエットのように撮影するのも好きで、太陽を映すと木々が輝いているようにみえるんです♪

このように、ただ植物を撮るだけでも写真の中に個性が広がり、様々な構図を楽しむことが出来ます。
ファインダーから望む、小さくて、でも大きな世界を、あなたも覗いてみてください。お金 急ぎ 借りる