意外にも飲んだ後に終電に間に合ってしまった

この前、友だちとお酒を飲みに出かけたのですが、私はいつも2軒目3軒目とはしごをすると、だいたい終電に間に合いません。
まあ、そもそもはしごして飲むというのは、終電で帰る気があまりないと言われても仕方ないですよね。
でも、朝まで飲んだりするのは体力的にもきついし、翌日になってから盛大に後悔してしまいます。
なので、2時とか3時くらいにタクシーで帰ることが多いのですが、先日はきちんと終電で家に帰ることができました。
胸を張って言えるようなことではないのですが、これは快挙と言っても良いかもしれません。
この前は渋谷の近くでご飯を食べて、それから2軒目へと向かったのだが、2軒目に入ったお店が意外と地下鉄の駅に近かったみたいです。
すっかり終電は諦めていたのですが、お店の人にまだ間に合うと思いますよと、近道を教えてもらいました。
おかげで駅まで走ることもなく、余裕で終電に間に合ったのですが、思い返せば終電で帰るのなんてどのくらいぶりでしょうか。
いつもタクシー代でもう一軒分くらい行けそうな交通費がかかっていたので、冷静に考えると、なんだかずいぶんともったいないことをしていたような気がしました。顔脱毛 し放題