なすすべもないと思ったら・・・認知症って防げるの?

日本で認知症患者の数が増え続けています。
世界中の製薬会社が、認知症の特効薬を開発しようと躍起になっていましたが、先ごろ聞いたニュースでは、どうしても開発できないので次々に製薬会社が研究事業から手を引き始めているのだとか。
もう、なすすべもなく認知症に冒されるのを待つしかないのか・・・と絶望的な気持ちになっていましたが、何と認知症の約35%は防ぐことができるものなのだそうです。
とあるニュース記事で知ったのですが、幼少期にしっかり学習しなかったり、中年になってから社会的孤立を味わったり、運動不足に陥ったり、動脈硬化を起こしたり、といったリスクを防ぐことができれば、認知症にかかる確率を大幅に減らすことができるのだそうです。
各年代ごとに、それぞれ対策をしなければいけないらしいですが、それさえしっかりしておけば認知症にかかるリスクがだいぶ減らせるというのなら大助かりです。
私の身内にも認知症を患った人がいますが、認知症は本人だけでなく家族にも悲しくしんどい思いをもたらします。
人が100歳まで生きるのが珍しくなくなると言われている将来、少しでも健康で頭のしっかりした状態で過ごすべく、いまから苦手な運動を始めてみようかな、と思っています。http://www.sandlerltd.co/kireimo-waki.html